ショーン・オブ・ザ・デッド

出演: サイモン・ペッグ, ケイト・アシュフィールド, ルーシー・デイヴィス, ニック・フロスト
監督: エドガー・ライト

【紹介文】
 恋人に愛想を尽かされた自堕落な男・ショーン。落ち込んで泥酔した彼が翌朝目覚めると、街はゾンビであふれ返っていた。ショーンはクリケット・ラケットを武器にゾンビと応戦、愛する恋人、母親、友人たちを救うため、ヒーローとなって立ち上がるが・・・!?(Amazon.co.jp 紹介文より)

【感想】
 所謂、ゾンビコメディってやつですね。監督はエドガー・ライト、主演の野郎二人は、サイモン・ペッグとニック・フロストですよ。この作品の後に制作されたものになりますが、以前に適当にレビューした、(記事は当ブログの残念なトラブルにより消失しています。)『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』と同じ組み合わせです。

 俺のような浅い知識の糞虫が垂らすうんちくはどうでもいいと思いますので、感想を書きます。

 おもしろい!

 序盤はややまったりしていますが、小気味よいギャグとテンポの良いカット割りで、サクっと楽しめます。

 ただ、ゾンビものということもあって、それなりにグロテスクな描写もあります。あと、普通のゾンビ映画に漂う空気(お約束的なものとか)が分かっていないと楽しめないかもしれません。

 個人的には、かなり笑える作品でした。丸く収まった風のオチも好きです。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。